代表幹事あいさつ

 令和2年1月30日の当会総会において代表幹事を務めることになりました井手誠一郎です。

北九州緩和ケアネットワークは平成29年12月1日に発足いたしました。市内及び近隣の開業医、勤務医、訪問看護ステーション、各区医師会の訪問看護ステーションや歯科医師、薬剤師、介護職などの各職種で構成されています。

 

基本的には施設毎の会員と個人会員から構成されており、一年を通じて研修会、事例検討会、在宅ホスピスを語る会、そして年に一度の在宅ホスピスフェスタを開催しています。

 

高齢化社会が進むにつれて、国民の癌に罹患する率も高くなり、癌もコモンディジーズの一つになったと言えるのではないでしょうか?

 

これまでと同様に癌という病気と在宅でのケアや広報に努めると共に、癌の患者さん、神経難病や呼吸不全、心不全、若年者や小児癌の患者さん達の緩和ケアを、患者さん、ご家族、在宅ホスピスボランティアの方々と共に本ネットワークを通じて、行っていく所存です。

北九州緩和ケアネットワーク(平成29年12月1日設立)

代表幹事 井手 誠一郎